>>大阪土産はこちら

大阪の土産伝統お菓子おこし 

大阪の土産ランキングでもおいしいと人気なお菓子と言えば、江戸時代より大阪名物として親しまれてきたおこしです。

粟おこし は最も古い歴史を持つお菓子と云われているのです。

奈良時代には、"ほしい=米"を蜜で固めたものを豊作祈願として
神様に捧げられたのが始まりだそうです。

室町時代にはすでにお菓子として珍重されていました。

おこしは、<身を起こし 家を起こし 国を起こす> といった
縁起の良いお菓子として人々に親しまれるようになりました。

当時大阪は経済の中心地でしたので諸国からの物産を満載した、千石船の往来が繁しく、良質のお米や飴を安く手に入れる事が出来たそうです。

また、米屋敷の並んでいた大阪長堀川で各地から集まる良質の米に目を付け、おこし を作リ始めたそうです。

原料がお米であることから、お米に縁の深い「大黒様」を屋号としました。

江戸時代から大阪名物としておこしは親しまれてきました。

おこしは「噛めば噛むほど味が出る」と人間味豊かな大阪人気質です。

もちろん全国に親しまれています。現在は良質のもち米、ピーナッツ、アーモンド等の素材を使用して、伝統とこだわりをもって作ってるそうです。

大阪の土産ランキングで有名になるのも納得ですね!